認可保育園の開設支援

establishment support

認可保育所はいつでも自分の好きな場所に開設できるわけではなく、多くは自治体の公募に申込、認められた後開設となります。
今年度からは、子ども・子育て支援新制度により、小規模保育事業も認可として認められるようになったことから、以前と比べて認可保育所を開設しやすくなったといえるかもしれません。

認可保育所の開設に必要な業務を以下にまとめました。

認可保育所の開設に必要な業務

コンサルティング項目詳細カテゴリ
1. 公募案件の調査 認可保育所の開設を検討している地域で、認可保育所の開設状況などをリサーチします。 事前調査
2. 物件探し 公募条件の中には、待機児童が多い地区がランク分けされており、その地区内で条件にあう物件を探さなければなりません。 公募に対する支援
3. 図面作成 保育所は保育室の面積により保育可能な園児数が変わってきます。なるべく無駄のないようにレイアウトする必要があります。 公募に対する支援
4. 公募提案資料の作成 行政に提出する提案資料には、保育に関する資料から、事業計画、資金計画まで、多岐にわたる資料を作成しなければなりません。 公募に対する支援
公募に合格しますと以下の準備に入ります。
5. 内装工事 保育所は子どもの安全を最優先に工事を行う必要があります。 開設前支援
6. 備品の調達 ロッカーや机・椅子などの大型備品から、厨房設備など、たくさんの備品を調達しなければなりません。また、パソコンや電話・インターネットの手配なども必要です。 開設前支援
7. 求人募集 保育士不足が叫ばれている昨今、保育士が確保できなければ保育所は開設できません。 開設前支援
8. ホームページ作成 今では企業のみならず、保育所もホームページを所有しています。 開設前支援
9. その他開設前準備 (1) 嘱託医
(2) 食材の手配
(3)保育所運営に必要な書類整備
開設前支援
10. 開園後の運営アドバイス 開園後も様々な書類を作成や、保育士の研修などが必要になります。 開設後支援
11. 銀行融資に関するアドバイス 認可保育所の開設にかかる費用は、一部補助がありますが、一時的に銀行融資などが必要な場合は、融資に関する助言もいたします。 その他支援
12. 法人設立に関するアドバイス 法人設立前の方は、法人設立のお手伝いも致します。 その他支援

認可保育所の開設をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。


電話でのお問合わせ 080-4111-5004